再生医療で行うアンチエイジング再生医療(肌細胞補充療法:RACS療法)と美容整形

再生医療で行うアンチエイジング

美容整形ではない「再生医療」肌細胞補充療法(RACS療法)だからできること
従来の美容整形とは異なったアプローチの美容です。




TOPページへ
再生医療で行うアンチエイジングTOPクールタッチレーザー、フォトフェイシャル

アンチエイジング方法紹介
 
自分自身が持っているお肌の細胞を、『活性化させる方法』 ですので、効果、結果は極めて自然です。これが新しいアンチエイジング。お肌の『再生医療』です。再生医療ではあなたご自身の肌細胞(真皮線維芽細胞)を活性化させる事によりアンチエイジングを行います。
 
さらに詳しい再生医療
肌細胞補充療法
RACS療法
 
 
現在美容外科で行われている主な治療法です。もちろんこれらの治療法は、今までの人類の英知の結晶ですので、安全性や効果が高いものがほとんどです。
 
さらに詳しい美容整形
ヒアルロン酸
コラーゲン
フェイスリフト
ボトックス
ピーリング
サーマクール
クールタッチレーザー
フォトフェイシャル
プラセンタ

再生医療と美容整形クールタッチレーザー、フォトフェイシャル

レーザー治療/効果・作用

レーザー治療/問題点・副作用・トラブル

レーザー治療/体験談

レーザー治療/治療可能部位と効果の持続時間

 

【効果・作用】

光はそれぞれ波長を持ち、クールタッチレーザーは単一波長の光、フォトフェイシャルはフラッシュランプによる光源を採用した光治療です。色素はある特定の波長に反応するので、例えば赤い色素は固有の波長に反応し、茶色い色素は別の波長に反応するというわけです。この特性を利用したのが光治療(レーザー)というわけです。赤ら顔には有害な血管が原因ですので赤い色素に反応するレーザー(光)を、メラニン色素には茶色に反応するレーザー(光)を照射します。これらのレーザーの光はターゲットのみに反応するため、目的の部分のみにダメージを与えることができます。また、この作用によりコラーゲンなどお肌に有効な成分を作り出す線維芽細胞の働きが活性化され、内側から自然に美しい肌がつくりあげるのです。

 

【問題点・副作用・トラブル】

『アンチエイジング』目的の光治療(レーザー)はサーマクールと原理は同じく、レーザー(光)はターゲットのみに反応するため、素肌を傷つけることなくトラブル部分のみにダメージを与えることができますが、軽いヤケドを起こしその反応によって皮膚を引き締めるというものです。ただ、サーマクールと違い表面の皮膚に作用しますので、副作用として反応性にしみや色素沈着を起こす確率が高くなってきます。




 

【体験談】

効果と副作用を決める因子は、1)波長 2)出力 3)レーザー照射の持続時間(パルス幅) です。そして副作用を少なくして効果を高めるために高性能の冷却装置も必要です。
実際のレーザー(光)照射のとき、その場で選択しなくてはならない因子というのは「出力」だけといっても過言ではありません。出力を上げすぎてレーザー(光)照射すると必ずといってよいくらいヤケドすることが分かっています。このようなトラブルや副作用(失敗?)を防ぐためにも専門医による、レーザーフォトフェイシャル治療を受けることをお勧め致します。

 

『再生医療セルコラーゲン』と『クールタッチレーザー、フォトフェイシャル』
治療可能部位と持続期間

 
再生医療セルコラーゲン
クールタッチレーザー
フォトフェイシャル
ほうれい線
顔・たるみ
しわ・たるみ・若返り
上まぶたのくぼみ・三重まぶた
×
目の下のくま・しわ
×
スキンケア
持続期間
数年以上
半年〜