再生医療で行うアンチエイジング再生医療(肌細胞補充療法:RACS療法)と美容整形

再生医療で行うアンチエイジング

美容整形ではない「再生医療」肌細胞補充療法(RACS療法)だからできること
従来の美容整形とは異なったアプローチの美容です。




TOPページへ
再生医療で行うアンチエイジングTOPピーリング

アンチエイジング方法紹介
 
自分自身が持っているお肌の細胞を、『活性化させる方法』 ですので、効果、結果は極めて自然です。これが新しいアンチエイジング。お肌の『再生医療』です。再生医療ではあなたご自身の肌細胞(真皮線維芽細胞)を活性化させる事によりアンチエイジングを行います。
 
さらに詳しい再生医療
肌細胞補充療法
RACS療法
 
 
現在美容外科で行われている主な治療法です。もちろんこれらの治療法は、今までの人類の英知の結晶ですので、安全性や効果が高いものがほとんどです。
 
さらに詳しい美容整形
ヒアルロン酸
コラーゲン
フェイスリフト
ボトックス
ピーリング
サーマクール
クールタッチレーザー
フォトフェイシャル
プラセンタ

再生医療と美容整形、ピーリング

ピーリング/効果・作用

ピーリング/問題点・副作用・トラブル

ピーリング/体験談

ピーリング/治療可能部位と効果の持続時間

 

【効果・作用】

ピール(peel)とは、果物の皮などを剥くという意味です。化学(ケミカル)物質(殆どは酸)を皮膚に作用させ、皮膚の角質層・表皮を薄く剥く(ピーリング)することで皮膚の再生を促し、皮膚の若返りをはかるというものです。ピーリングはシミ、くすみ、小じわ、ニキビ(痕)などに効果があります。
実際に使われる化学(ケミカル)物質は、アルファハイドロキシ酸(AHA)、トリクロロ酢酸(TCA)、フェノールです。現在フェノールは深達度の調節が難しいので殆ど用いられておらず、特殊な場合のみです。
AHAは、殆どの果実(りんごなど)に存在する酸で、フルーツ酸とも呼ばれています。角質を剥ぐ目的で、化粧品などにも数%含まれています(薬事法から濃度が制限されている)。現在では、AHAの中のグリコール酸をつかったピーリングが日本でケミカルピーリングの主流となっています。
皮膚にこれらの化学物質を塗布すると、酸(H+)は皮膚に作用し、角質層の角化細胞を剥離させ、濃度や作用時間によって酸は真皮まで浸透し、線維芽細胞を刺激してコラーゲンの生成を促すと言われています。

 

【問題点・副作用・トラブル】

従来のケミカルピーリングはトリクロロ酢酸(TCA)やフェノールが用いられていましたが、これらは腐食作用により組織の壊死を起こすことによるものであり、全身的な副作用が知られています。また、瘢痕形成や色素沈着、色素脱出の危険性が避けられなかったのですが、AHAは毒性が少なく、浅いピールを必要なだけ繰り返すことによりトラブルを最小限に抑えることができ、日常生活に支障がほとんどないということです。
しかし裏を返せば、劇的な効果が得られないということではないでしょうか。




 

【体験談】

ピーリングを行っている最中、肌がなれていなかったりするとピリピリとすることがあります。また、肌がしっとりし、くすみが改善したと喜ばれる患者さんがほとんどなのですが、なかにはかえって乾燥症状がひどくなったなどと訴える患者さんもいます。保湿や遮光など適切なホームケアで改善する場合がほとんどです。
しかし、安全性が高いといわれていますが、浅いピーリングではあまり効果がないため、深いピーリングを行った結果、瘢痕(傷跡)ができてしまったという患者さんもいるようです。

 

『再生医療セルコラーゲン』と『ピーリング』
治療可能部位と持続期間

 
再生医療セルコラーゲン
ピーリング
ほうれい線
×
顔・たるみ
しわ・たるみ・若返り
上まぶたのくぼみ・三重まぶた
×
目の下のくま・しわ
×
スキンケア
持続期間
数年以上
半年〜