再生医療で行うアンチエイジング再生医療(肌細胞補充療法:RACS療法)と美容整形

再生医療で行うアンチエイジング

美容整形ではない「再生医療」肌細胞補充療法(RACS療法)だからできること
従来の美容整形とは異なったアプローチの美容です。


再生医療である肌細胞補充療法(RACS療法)とは、人工的に人体(肌)を作り変える(切り取る)ことではなく、自分自身が持ってる力だけ、その力だけで、過去にそうであった肌の状態、これから衰えるであろう肌を取り戻す、自然に逆らわない、体にも、心にも優しい本当のアンチエイジングだと考えます。

TOPページへ
再生医療で行うアンチエイジングTOPセルコラーゲントリートメント

アンチエイジング方法紹介
 
自分自身が持っているお肌の細胞を、『活性化させる方法』 ですので、効果、結果は極めて自然です。これが新しいアンチエイジング。お肌の『再生医療』です。再生医療ではあなたご自身の肌細胞(真皮線維芽細胞)を活性化させる事によりアンチエイジングを行います。
 
さらに詳しい再生医療
肌細胞補充療法
RACS療法
 
 
現在美容外科で行われている主な治療法です。もちろんこれらの治療法は、今までの人類の英知の結晶ですので、安全性や効果が高いものがほとんどです。
 
さらに詳しい美容整形
ヒアルロン酸
コラーゲン
フェイスリフト
ボトックス
ピーリング
サーマクール
クールタッチレーザー
フォトフェイシャル
プラセンタ
セルコラーゲントリートメント

セルコラーゲントリートメントは再生医療分野の中の自己細胞の再生・移植技術を、オプション医学(美容外科)に転用したものです。
お客様自身の皮膚から真皮線維芽細胞を分離抽出し、自己血清で培養を行い、増殖させたものを再び真皮に戻す(注入する)という、注入療法です。



 

真皮繊維芽細胞とは

『しんぴせんいがさいぼう』とは、コラーゲンを産生する細胞です。
お肌の弾力の元となるコラーゲンは、真皮線維芽細胞から作られます。
加齢などにより、真皮の細胞数が減ってきたり、活性度が低くなったりすると、真皮線維芽細胞は、コラーゲンをたくさん産生することができなくなってしまいます。
このセルコラーゲントリートメントは、この減少した細胞を患部に直接補充するものです。

 

他の注入療法との比較

<メリット>
●目の周りなど、他の注入療法で対処しにくいデリケートな部位(目の下)にも対応できます。
●皮膚の菲薄化(薄くなってしまった)部分への注入が行える他、もともと皮膚の薄い、首・手などもにも対応できます。
●目のクマの解消など、副次的な効果があります。
●自己の細胞を利用しますので、安全性が極めて高い。
●効果が持続します。


<デメリット>
●注入時は細胞を幹部に補充するだけですので、即効性はありません。
●本来のお肌の張りを取り戻す効果しかありませんので、それ以上の効果 (顔面形状の変化、整鼻、隆鼻等)の効果はありません。
●効果の現れ方が他の注入療法と異なるため、効果の出現程度、持続期間は患者様の年齢や同一部位への移植回数により異なります。
●本人の生体材料だけを原料とするため、一回に治療できる範囲が限られます。
●同一部位に2〜3回の注入が必要となり、注入の手間がかかります。
●異物反応、アレルギーの危険性は非常に低いが、皆無とは言えません。
●注入段階での感染による局部(注入部)の発赤、腫脹(一般的な医療行為と同程度)
●注入部位での皮下出血斑(一般的な医療行為と同程度)
●感染症への感染、血液性疾患、自己免疫性疾患のある方は、培養・治療が行えません。

 

信頼性と安全性

●自分の血清を用いて培養しますので、アレルギーの危険性は非常に低い。
●他の動物性の物質・酵素などを一切使いませんので、安全性は極めて高い。
●患部に効率よく到達する懸濁液を使用し、ほぼ無痛で最も有効な細胞補充治療が受けられるようになっています。

 

対象者

●30代以上の方(若い方、特に20代前半の方には効果が実感しにくいと考えられます。)
●既存の注入療法(ヒアルロン酸、コラーゲンなど)の頻度、安全性などに疑問をお持ちの方
●根本的なトリートメントによりゆっくりと着実に皺(しわ)、たるみを改善したい方
●自分の細胞で、再生医療を受けてみたいと思われる方
●異物の注入に抵抗がある方、美容外科、レーザー等の人工的なものに抵抗のある方
●今のうちに細胞を保存し、将来の皺(しわ)、たるみ改善、若返りのために保険をかけておきたい方
>セルバンクにご登録いただければ、保存は半永久的に可能です。(若いときに細胞を保存し、将来戻すのが最も効果が期待できます)