アンチエイジングは自然で安全な再生医療で。

美容整形ではない「再生医療」肌細胞補充療法(RACS療法)だからできること
従来の美容整形とは異なったアプローチの美容です。

再生医療である肌細胞補充療法(RACS療法)とは、人工的に人体(肌)を作り変える(切り取る)ことではなく、自分自身が持ってる力だけで、過去にそうであった肌の状態、これから衰えるであろう肌を取り戻す、自然に逆らわない、体にも、心にも優しい本当のアンチエイジングだと考えます。
line
再生医療と美容整形
line
自分自身の細胞を用いた再生医療の紹介。ヒアルロン酸、コラーゲン、ボトックス注射との比較。再生医療である肌細胞補充療法(RACS療法)とは、人工的に人体(肌)を作り変える(切り取る)ことではなく、自分自身が持ってる力だけで行なうアンチエイジングです。
肌の再生医療のみ扱う専門のクリニックはこちら(→肌の再生医療のRDクリニック
line
●血小板による再生医療(PRP皮膚再生療法)

自分の血液にある『血小板』を利用して、肌を甦らせようとする試みが、血小板治療とよばれ、、高濃度の血小板:PRP (多血小板血漿:Platelet Rich Plasma) を使用した若返り療法のことです。血小板は、皮ふの修復をつかさどる肌細胞「真皮線維芽細胞」に働きかけ、衰えた皮膚を修復させることができます。この血小板の力を利用したのが「血小板療法」です。血小板は、非常にありふれた血液成分ですから、短時間・簡易、かつ非常に安価に血小板治療を受けることが出来ます。

肌細胞補充療法(RACS療法)による再生医療

根本的に皮膚を修復することができるのは、血小板ではなく、肌細胞「真皮線維芽細胞」です。肌細胞の数を増やし、活力を与え、衰えたお肌に直接注入するのが肌細胞補充療法です。肌細胞「真皮線維芽細胞」を皮ふから顕微鏡で取り出し、数を増やし活性を持たせるには、無菌室などの専門設備・時間・手間(CPCという専門の細胞培養センター)が非常にかかりますが、皮ふの修復に直接関わる肌細胞「真皮線維芽細胞」を、お肌に補充する治療は、血小板療法とは比べ物にならない、持続性と効果をもたらします。肌の再生医療:肌細胞補充療法肌は根本的な肌の再生医療として新聞、科学専門誌、ニュース番組で取り上げられてはいます。(肌の再生医療のメディア掲載情報)。

血小板療法
line
肌細胞補充療法

例えば・・・
○○○の部分の肌のハリがなくなった。
○○○のシワが気になる(ここのシワさえなければいいのに・・・)
何となく老け顔が気になる。
もっと根元的に
どこがどうだかわからないが、とにかく若く見られたい。

こういった理由(悩み)からそれを解決する手段として、『再生医療』『美容整形』を考えられたはずです。
つまり、『再生医療』『美容整形』これはあくまでも『若返り・アンチエイジング』などの目的を達するための手段であって目的ではないのです。こういった悩みに対する回答はそれぞれ、その悩みを持った方々の感覚、感情、ライフスタイルにより千差万別です。
line

具体的にお話すると、全く同じ悩み『目の下のタルミ・小じわ』が気になる方、それぞれAさんBさんがいるとします。

Aさん
【年をとっていく自分には我慢できない。年をとっていく自分を見るのもイヤだ。とにかくどんな方法であっても解消したい。今すぐにでも解消したいと考えています。】

Bさん
【即効性の効果より、自然にこのシワ、タルミを解消したい。自分自身の身体に負担が掛かるような美容を行ってまで、自然の摂理(加齢)にさからおうとは考えていません。】

それでは、『○○○の部分の肌のハリがなくなった。○○○のシワが気になる(ここのシワさえなければいいのに・・・)何となく老け顔が気になる』・・・こういった悩みに対する解決方法はというと・・・現在ではおおよそ以下の3つしかありません

1.日々のスキンケアをスキンケア商品で行う
2.エステティックサロンに行く
3.医療機関(美容外科、皮膚科)で、手術、レーザーなどを受ける

Aさんは医療機関(美容外科、皮膚科)に行くのが望ましいと考えられます。
Bさんは現在のところ1〜3のどれかを選択するしかありません。

1のスキンケア商品
2のエステティックで満足が出来ない
・・・・そうなるともう後に残された方法は
3の医療機関(美容外科、皮膚科)に行くしかないのが現状です。
現在医療機関で行われているサービスは、手術か非手術(レーザー療法、光療法、電磁療法、化学療法:ピーリング)です。

そこに新たな選択肢として『再生医療』が加わりました。
line

肌の再生医療とは自分自身の肌細胞を再生させ、それを気になる部分(しわ・たるみ)に補充するという新しい美容の医療です。
効果ですが、今の肌再生医療技術では残念ながら50歳の方が20代の肌に再生される(蘇る)技術はありません。
今後技術が進歩して、年齢不詳になるほど肌の再生医療が発達することは確実ですが、今の技術では肌細胞のうちの肌コラーゲン細胞(真皮線維芽細胞)のみしか安全に再生できません。
したがって、肌の張りがでる。今後の肌の衰えが遅くなる。などの効果はありますが、手術のようにシワの部分を切り取って縫い縮めてしまう様な直接的・劇的な変化は望めません。
そこで、再生医療に限らず、悩みに対し、医療機関で受診する場合以下の点を明確にしておくことが重要だと思います。

『何を望んでいるのか?』 『何を望まないのか?』

●どんな方法をとってもこのシワ!このタルミが無くなれば!

・・・・つまり、Aさんのような方には
3『手術療法や注入療法』が合っているでしょう。

●自然にこのシワ、タルミを解消したい。即効性の効果よりより長く美しく自然にシワ、タルミを解消し、しかも将来の自分の衰えに対しても予防的効果を出したい。

・・・・こういったBさんのような方には
> 『肌の再生医療』がお勧めです。

肌の再生医療の専門クリニックの顧問である北條元治のブログより

-テレビ
-皮膚再生医療:歯茎(歯肉)?耳の後ろ?
-皮膚再生医療:歯茎(歯肉)?耳の後ろ? その2
-皮膚再生医療:歯茎(歯肉)?耳の後ろ? その3
-皮膚再生医療:歯茎(歯肉)?耳の後ろ? その4
-東京(関東)の皮膚再生医療センター〜1
-東京(関東)の皮膚再生医療センター〜2

自分自身が持っているお肌の細胞を、『活性化させる方法』 ですので、効果、結果は極めて自然です。これが新しいアンチエイジング。肌の『再生医療』です。再生医療ではあなたご自身の肌細胞(真皮線維芽細胞)を活性化させる事によりアンチエイジングを行います。

美容整形
現在美容外科で行われている主な治療法です。もちろんこれらの治療法は、今までの人類の英知の結晶ですので、安全性や効果が高いものがほとんどです。
美容整形と再生医療の違い
ヒアルロン酸
コラーゲン
フェイスリフト
ボトックス
ピーリング
サーマクール
クールタッチレーザー
フォトフェイシャル
プラセンタ